1. HOME
  2. ブログ
  3. 住友生命保険相互会社の従業員の在職保障制度とは?

住友生命保険相互会社の従業員の在職保障制度とは?

はじめに

住友生命の法人向けのサービスは安定した企業・団体経営そして大切な従業員の方々のために、法人のお客様に対して保障に最適な商品や制度を提供します。

企業の福利厚生としての保障と経営者の方向けの保障をしていきます。

企業の福利厚生としての保障

住友生命では弔慰金や入院保障の準備さらに老後の生活資金の準備など従業員の方々が安心して働くことのできる福利厚生制度を充実するための保険商品の案内を行っていきます。

従業員の在職中だけでなく退職後の生活保障も含めた制度の充実・従業員の自助努力支援制度なども含めたラインナップを用意していきます。

在職中の生活保障の商品と老後の所得保障のための商品があります。

在職中の生活保障

在職中の生活保障の商品としては弔慰金準備・治療と仕事の両立支援・自助努力による死亡や高度障害保障準備・入院保障準備・住宅ローンを借り入れ中の方の死亡や高度障害保障準備などがあります。

弔慰金準備では団体の職員の方や構成員の方の生活保障を目的とした商品です。構成員の方が死亡または高度障害状態になられた場合には死亡保険金もしくは高度障害保険金を受け取ることができます。

治療と仕事の両立支援は団体3大疾病保障保険があります。構成員の方が3大疾病にかかった時に治療費や収入分を保険金として受け取ることができます。

自助努力による死亡高度障害保障準備では構成員の方が死亡または高度障害状態になられた場合には死亡保険金もしくは高度障害保険金を受け取ることができます。自助努力になりますのでお客様ご自身が保険料を支払うことになります。

入院保障準備では構成員の方が入院された場合に治療給付金または入院給付金、死亡された場合に死亡保険金を受け取ることができます。

住宅ローンを借り入れ中の方の死亡や高度障害保障準備では被保険者の方が返済期間中に死亡または所定の高度障害状態になられた時に生命保険会社が所定の保険金を支払うことでローンの返済に充てることができます。

老後の生活保障

老後の所得保障の商品としては確定拠出年金制度・確定給付企業年金制度・厚生年金基金制度・中小企業退職金共済制度などがあります。

確定拠出年金制度では毎月の掛金は企業が全額拠出しますので財務上の負担が軽減されます。運用商品をラインアップの中から自由に選択することができます。

確定給付企業年金制度では将来の給付財源を毎年計画的に準備していきますので経理負担の平準化に役立ちます。また資金計画も立てやすくなります。

厚生年金基金制度では企業で働く方の老後を確かにすることを目的とした年金制度になります。退職金制度を移行して独自の給付を行うことで手厚い年金制度の設計が可能になります。

中小企業退職金共済制度では中小企業のための国の退職金制度です。

経営者の方向けの保障

経営者の方向けには役員などの退職金準備のための保障・経営者自身が死亡・高度障害となられた場合の事業保障などの企業経営のあらゆるリスクをサポートしていきます。

エンブレム新長期プラン

エンブレム新長期プランは98歳までの死亡や高度障害のための大型保障としての法人契約専用の保険になります。

解約返戻金を企業のニーズに合わせていくことで事業保障資金や退職慰労金などに充てることができます。

また保険料払い込み免除特約・リビングニーズ特約・がん長期サポート特約などを付加することができます。

会社情報

住友生命の本社所在地は大阪府大阪市中央区城見1-4-35にあります。大阪ビジネスパーク駅近くになります。築地にも東京本社があります。

創業は1907年

従業員数は43000名程度

業務内容は生命保険業免許に基づく保険の引受け・資産運用・他の保険会社その他金融業を行う者の業務の代理または事務の代行・投資信託の販売・確定拠出年金制度における運営管理業務などがあります。
保険事業を通じて社会公共の福祉に貢献するという企業理念があります。ステークホルダーに信頼・支持される会社にしていきます。

参考資料
住友生命:http://www.sumitomolife.co.jp/index.html

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事