1. HOME
  2. 特集
  3. 荘内銀行の退職金運用の特徴とデメリット・リスクまとめ

SPECIAL

特集

荘内銀行の退職金運用の特徴とデメリット・リスクまとめ

はじめに

荘内銀行の退職金運用プランは退職金専用定期預金となっています。人生の新たなスタートにしていただきたいです。

スーパー定期・スーパー定期300・大口定期預金などの通帳で預け入れることができます。

荘内銀行の退職金運用プラン

荘内銀行の定期預金プランの預入期間は3か月、年利は0.70%(税引後0.557%)となっています。

預入金額は100万円以上で退職金の受取額までとなっています。

この退職金専用プランで1000万円を預け入れた時の3か月後の金利は1000万円×0.557%×91日÷365日=13886円程度になります。

途中解約をした場合には解約時の利率が適用されます。

期間中に荘内銀行のその他のサービスやキャンペーンプランを利用することはできません。

その後は一般定期預金の金利が適用されます。

対象

荘内銀行の退職金運用プランの退職金定期預金を利用できる方は以下の方になります。

退職金の受け取りから1年以内の個人の方

必要書類は「退職金入金口座の通帳」「退職所得の源泉徴収票」などの退職金の受取額を確認できる書類を提示する必要があります。あとは本人確認書類と印鑑も必要になります。

荘内銀行の退職金運用のデメリット

退職金プランで1000万円を預けても3か月後に1万数千円程度しか資産が増えません。その後は一般定期預金の金利が適用されますので年間1000円程度しか資産が増えません。これだとメリットを見出すことも簡単なことではありません。

また金利優遇期間中は資金を下すことができません。この下ろせないことを銀行はポイントにしています。ただほとんどの金融機関に共通していますが利息がイマイチ少ない気がします。

また銀行の営業担当者に資産運用を任せてしまうと今売り込みたい商品を中心に取引を勧められる可能性があります。お客様よりも銀行・信用金庫などの金融機関の事情や担当者の方の都合で商品を決定されてしまうこともありますので注意が必要になります。

参考資料
荘内銀行:https://www.shonai.co.jp/kojin/tameru/teiki_07.html