1. HOME
  2. ブログ
  3. さくら損害保険株式会社の通信端末修理費用保険とは?

さくら損害保険株式会社の通信端末修理費用保険とは?

はじめに

さくら損害保険株式会社では通信端末修理費用保険を取り扱っています。法人向けの保険で相談に応じて商品を設計してカスタマイズしていきます。

通信端末修理費用保険はスマートフォンやタブレットといった高額の端末に故障・破損・水漏れ・盗難などのトラブルが発生をした時の修理費用を補償していきます。

対象の機器と補償内容

通信端末修理費用保険での補償対象の機器はスマートフォン・ノートパソコン・モバイルモーター・タブレットなどです。

補償内容は保険加入の期間に偶然の事故によって生じた現象が対象になります。基本的には破損・損壊・水漏れ・故障などが対象です。

契約プラン

通信端末修理費用保険の契約プランを紹介します。

契約者はア社、被保険者はア社、補償対象はア社が所有する通信端末機器、契約はア社の従業員が仕事で使用するタブレットの修理費用を補償します。

契約者はイ社、被保険者はイ社の顧客など、補償対象はイ社の顧客や会員などが所有する通信端末機器、契約はスポーツクラブ経営のイ社が会員向けに使用するスマートフォンの修理費用を補償します。

契約者はウ社、被保険者はウ社のサービスの利用者、補償対象はウ社の提供するサービスの利用者が所有する通信端末機器、契約はウ社の提供する光回線のサービスの利用者が使用するスマートフォンの修理費用を補償していくことで新規顧客の獲得の推進を狙っていきます。

契約形式

通信端末修理費用保険はいずれも法人の団体契約になります。個人での契約はできません。

保険料の払い込みは一括払もしくは分割払に対応しています。保険金額は修理可能な場合は1万円から30万円までが上限。修理不可能な場合は修理費用保険金額の25%以上50%を上限に補償していきます。

保険の対象は偶然の事故によって生じた外装の破損や損傷・水漏れでの全損・故障・盗難・国外での事故の損失などが該当します。

ただ置き忘れ・紛失などのお客様の故意もしくは過失による行為・地震噴火風災水災などの不可抗力の天災事変などの場合には保険料の補償はありません。

会社情報

さくら損害保険株式会社の本社の所在地は東京都豊島区東池袋一丁目12番5号・東京信用金庫本店ビル10階にあります。池袋駅東口から徒歩2・3分です。

設立は2019年

資本金及び資本準備金は20億円超

業務内容は損害保険業

今後はオンラインでの仕事も増えていきます。若い会社ほど在宅・非対面の仕事も多くなってきました。マートフォンやタブレットなどの通信デバイスは現在よりもさらに重要な役割を担います。そのデバイスを少額の保険料で可能な限り補償を厚くしていこうという考えで会社を設立しました。

また情報通信市場の発展に寄与して国民生活の向上を図っていきます。また日本経済の発展に寄与していくことを経営理念にしていきます。

参考資料
さくら損害保険株式会社:https://www.sakura-ins.co.jp/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事