1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本生命の傷害保障重点期間設定型長期定期保険とは?

日本生命の傷害保障重点期間設定型長期定期保険とは?

はじめに

日本生命での法人保険サービスでは経営者の方のための保障及び企業の福利厚生サービスを行っています。

安定した企業経営・団体経営を行うことさらに従業員のための商品やサービスを用意しています。

経営者の方のための保障

経営者の方のための保障では長期定期保険・傷害保障重点期間設定型長期定期保険・逓増定期保険があります。企業と経営者のために必要な役員退職金の財源や万一のための運転資金などを用意できます。

長期定期保険

長期の定期保険では長期の死亡保障期間があります。また法人で契約をした場合には退職慰労金などの財源を確保していきます。

保険期間中に経営者が死亡した時には死亡一時保険金で事業の保障資金・死亡退職慰労金・慶弔金・事業承継資金などにすることができます。

保険期間が長期になりますので積み立てる保険料の額が多くなります。

一時的に資金が必要になった時に契約貸付制度が利用できます。

保険料払い済みの終身保険への利用も可能になっています。

長期定期保険は安定した経営状況の会社に適した保険といえます。

傷害保障重点期間設定型長期定期保険

傷害保障重点期間設定型長期定期保険では長期にわたる経営者の方向けの商品となっています。長期の死亡保障と退職慰労金などの財源を確保していきます。

万一の時の死亡保険金を事業の保障資金にすることができます。

引退時には解約返戻金を退職慰労金として活用することができます。

一時的に資産が必要になった時に契約の貸付制度を行うことができます。

保険料払い込み済みの終身保険への変更ができます。

傷害保障重点期間設定型長期定期保険は定期保険にさらに保障を厚くした内容となっています。

逓増定期保険

逓増定期保険は事業の発展とともに責任が重くなります。保険料は期間を経るごとに高くなっていきます。その分解約返戻率なども契約期間が長くなると高くなります。

保険期間中に経営者が死亡した時には死亡一時保険金で事業の保障資金・死亡退職慰労金・慶弔金・事業承継資金などにすることができます。

経営者の引退時に保険を解約すると解約返戻金を退職慰労金の財源にすることができます。

一時的に資産が必要になった時に契約の貸付制度を行うことができます。

保険料払い済みの終身保険への利用も可能になっています。

逓増定期保険は毎年のように利益が積みあがる会社に適した内容となっています。

企業の福利厚生サービス

企業の福利厚生サービスでは少子高齢化の進行で従業員の在籍時だけでなく老後のことも考えていく必要がある時代になりました。また従業員の自助努力も必要な時代です。引退後のことまでを考えたライフプランまでを考えていく必要があるといえます。

福利厚生サービスでは従業員の死亡保障・従業員の休業補償・従業員の医療保障・従業員の退職後の保障・従業員の財産形成などのサービスを用意しています。

会社が保険料を支払うタイプと個人が自腹でプラスαで加入するサービスの2種類を用意しています。

従業員の死亡保障

従業員の死亡保障では死亡退職金や慶弔金などの業務外の労働補償が重要になります。

そこで企業が保険料を負担していく総合福祉団体定期保険が最も人気があります。

また自助努力をしたい方には団体定期保険などを活用している方もいます。

その他としては団体信用生命保険などのサービスもあります。

従業員の休業補償

従業員の休業補償では長期の休業で所得を失うリスクがあります。そこで会社員のための給与保障に代わるサービスがあります。

そこで企業が保険料を負担していく新団体就業不能保障保険があります。

また企業または自助努力としての団体長期障害所得補償保険などのサービスもあります。

従業員の医療保障

従業員がけがや病気などで入院や手術などになってしまうリスクもあります。そのための従業員に対する保障を行います。

そこで病気やけがなどをカバーしていく企業または自助努力としての総合医療保険があります。

またがん・心筋梗塞・脳卒中という3大疾病のための保障保険もあります。

従業員の財産形成

従業員の退職後の保障では従業員の資産形成やライフプランを支えていくサービスも用意しています。

ここは自助努力型になります。まずは予め給料の中から貯蓄をしていく財形貯蓄サービスがあります。

また従業員のマイホーム建設資金を支援する財形住宅サービスもあります。

従業員の退職後の保障

従業員が退職後も安定した生活をしていけるような保障を行っていきます。企業年金や自助年金サービスを用意しています。

そこで企業保証型の保障として確定給付企業年金・厚生年金基金・確定拠出年金などのサービスがあります。

また自助努力型としてはハッピーライフや積立型の財形年金サービスを用意しています。

法人保険向けサービス

日本生命の法人保険は法人ずっともっとサービスで行っています。経営者保険を検討している方に対して多様なサービスを検討していきます。

法人ずっともっとサービスでは法人のお客様のビジネスシーンを支えていくことで経営者の方に役立つサービスを提供しています。ニッセイ法人インターネットサービスと経営相談福利厚生サービスとに分かれています。

法人ずっともっとサービスはニッセイ法人インターネットサービスと経営相談福利厚生サービスに分かれています。

法人ずっともっとサービスの特長

ニッセイ法人インターネットサービスの特長としては加入契約内容情報照会サービス・経理処理情報照会サービス・将来受取額情報照会サービス・資金取引サービスなどがあります。

加入契約内容情報照会サービスでは加入者契約の一覧や契約内容の詳細を確認できます。

経理処理情報照会サービスでは事業年度分の保険料に対する経理処理情報を確認できます。決算処理の参考資料として利用できます。

将来受取額情報照会サービスでは将来の解約返戻金の概算額を確認することができます。

資金取引サービスでは契約貸付金の借入れ・積立配当金・据置祝金・据置保険金の引き出し状況などを確認することができます。

経営相談福利厚生サービス

経営相談福利厚生サービスでは経営相談サービスと福利厚生サービスの2種類があります。

経営相談サービスは経営実務に関する相談や保険の税務に関する質問に税理士などの専門家が回答していきます。

福利厚生サービスはリゾートホテル・温泉旅館や健康福祉サービスまで様々な内容の福利厚生を低料金で用意しています。

利用手続き

法人ずっともっとサービスではインターネット上で手続きを行うことができます。

まず新規利用登録の利用の仮請求を行います。法人名・契約番号・契約日・メールアドレスなどを登録します。

次に案内確認のメールが届きます。メールのURLをクリックすると本登録になります。

その後代表者の氏名や役職などを記入していきます。

最後に申込書を返送します。

会社案内

日本生命の本社所在地は大阪府大阪市中央区今橋3-5-12にあります。大阪市役所のすぐ近くです。梅田駅や大阪駅からも徒歩10分程度と大阪の中心地にあります。

支社数が108・営業部が1500超・海外事業所が4・代理店が16500超もあります。

創立は1889年

従業員数は72000名程度

業務内容は生命保険業免許に基づく保険の引受け・資産の運用・貸付業務・有価証券投資業務・不動産投資業務・付随業務・保険会社その他金融業を行う者の業務の代理または事務の代行・債務の保証・投資信託の販売・確定拠出年金制度における運営管理業務などを行っています。保険会社だけでなく金融業務も幅広く行っています。

お客様の声を大切にしてさらなるサービスの向上と安心感を与えていけるように努めていきます。

1社だけで決めない

法人保険は多くの会社がいろんなサービスを提供しています。1つの保険会社のあるサービスが良くても安易に決めないことが重要になります。

できれば複数の保険会社のサービスを比較して相見積もりをした上で保険の検討をしていただきたいです。

法人保険は契約をしてしまうと解約することが難しくなります。契約する額も高額になりますので一度の契約ミスをすることで取り返しのつかないことにもなりかねません。

ただ法人保険は多くの種類があります。忙しい経営者の方が1つの保険を選ぶことは難しいものがあります。

また経営者の方の提携の税理士がいる場合もあります。ただ税理士の方はあまり保険に詳しくないことも少なくありません。必ずしもベストな保険を選択できるかは微妙なところがあります。

業績が上向いてきたので法人保険に入りたい
自分にどの保険が合っているのかが分からない
保障と貯蓄などを考えた上でバランスの良い保険を選びたい
自分にとってベストな保険が良く分からない

このような方は1度ご相談いただければと考えています。

参考資料
日本生命:https://www.nissay.co.jp/hojin/

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事